チャイルドロックの観点からのウォーターサーバー比較

ウォーターサーバーを比較する上で考えておきたい視点は価格だけではありません。

毎月かかる費用をサーバーのレンタル費用、水の価格、電気代といった要素から考えることは重要になりますが、それ以上に重要視しなければならないのが使い勝手です。

最新のlivedoorニュースの情報がわかりやすく紹介されています。

ウォーターサーバーを導入しても気軽に水を使用できる環境にならなければ意味がありません。

ペットボトルの水を買うのと異なるのは水道の蛇口をひねるようにして簡単に水を出せるという点にあります。
それに加えて熱いお湯から冷たい水まで出せることがウォーターサーバーのメリットと言えるでしょう。


しかし、熱いお湯を出せるというのはメリットになりながらも、やけどのリスクを生むことにもなります。


子どもがいる場合にはウォーターサーバーで遊んでしまった拍子に熱湯を出してしまってやけどをするという危険性があるでしょう。

それを懸念して使いやすい場所に設置できず、使い勝手が悪くなってしまうと準備した意味が半減してしまうことになります。

そういった観点からチャイルドロックができるかどうかを比較しておくことが大切です。

チャイルドロックができる製品は多いものの、その解除の仕方についても比較しておくことが重要になるでしょう。



気軽に使えるためには手軽さを重視する必要があり、簡単にロックと解除が行えるかどうかを確認しておくと面倒だから使わないという状況にならずにすみます。水道水と同じレベルでの使用ができるように比較して選ぶことが大切です。